どう使う?タイムレコーダーの仕組み

タイムレコーダーの仕組み

近年のタイムレコーダーは勤怠管理付きの物が主流となっています。その仕組みとしては、タイムレコーダーに読み取り機能があり、社員はICカードや磁気カードをタイムレコーダーに読み込ませることにより、出勤時間と退社時間を記録します。この記録はサーバーやクラウドなどにて集中管理されます。集中管理されたデータは、勤怠管理ソフトにより残業時間の抽出や労働日数などのデータを即座に計算が可能です。打ち忘れや、直帰などでタイムレコーダーに記録できなかった場合は、後にパソコンなどで簡単に編集や修正が可能になっています。勤怠データは給与ソフトに連携させることで給与に関する計算も短時間で確実に行えるようになってきています。

タイムレコーダーの導入メリット

タイムレコーダーを導入すると、出社時間と退社時間がパソコンで確認できるようになります。また、不正もおこないにくくなりますので正確な勤怠管理がおこなえます。また、勤務時間から残業時間や残業代の計算が自動的におこなわれますので、専任のスタッフを付ける必要がなくなりその分の人件費が削減可能です。なお、出勤データはサーバーやクラウドにて集中管理されますので、社員全員でデータを共有可能で、社員が出社しているかどうかが手元のパソコンでわかるため、電話の取り次ぎなども楽になります。経理ソフトとの連携が取れるようになっているシステムであれば、給与計算も簡単におこなえますので、給与計算スタッフの人件費も削減可能です。