タイムレコーダーの時代はもう終わり?

クラウドで勤怠管理をする時代

タイムレコーダーによって未だに勤怠管理をしている企業も少なくないものの、時代はクラウドを活用する方向に変化してきています。端末によらずにクラウドシステムにアクセスするだけで出勤や出社の管理を行えるのは理想的なものであり、出社してパソコンでログインしたことを出勤として扱うシステムを組むことが可能です。スマートフォンで管理を行うこともできるため、出張の場合にも勤怠管理を行えます。その場合には位置情報を利用することで本来いるべき場所で働いていることを確認可能です。このような形でどこにいても正確な時刻で勤怠管理を行うことができるクラウドの導入が進められているのが現状であり、これからさらに浸透していくでしょう。

生体認証の活用も進む

クラウドによる勤怠管理は正確さで優れているものの、システムにログインするためのIDやパスワードを共有すれば不正をすることもできます。その問題を解消するための方針として生体認証システムを活用する勤怠管理も行われるようになってきました。指紋を利用するのは初期からありましたが、声紋や顔貌を活用して認証するシステムも生まれてきています。これによって勤怠管理を行うには基本的には出張中は難しいと考えられがちです。しかし、指紋や声、顔貌をスマートフォンで読み取ることも難しいことではなくなっています。これらを活用してより不正がなくて正確な勤怠管理を行えるシステムを導入する方向性を示している企業も登場してきているのが現状です。