売れているタイムレコーダーの種類とその特徴

売れ筋のタイムレコーダー

タイムレコーダーには、タイムカード式とUSB・SD対応タイムカード式、ICカード式、生体認証式など色々な種類があります。生体認証式はごまかしが利かず確実な勤怠管理が行えますが、コスト高になるためあまり売れてはいません。現在主流となっているのは、ICカード式です。その中でも多機能タイプが人気になっていて、パソコンに接続できて勤怠データを集中管理できるタイプの物が人気になっています。また、細かい設定が出来、休憩時間なども設定が出来るため、パートさんなどの管理もしやすくなっています。更に、最新のタイムカードソフトを併用することで、残業時間管理や休日管理、給与計算管理などを行えるタイプが人気になっています。

これからの勤怠管理について

今後は、社員のタイムカードを通す作業から、残業時間の集計、休日の集計、更には給与計算までが一貫して出来るシステムが主流になってくるでしょう。そのためには、パソコンにデータを取り込めるタイムレコーダーの導入と、勤怠データを集計するソフトウエア、給与計算ソフトウェアなどが連動して一つのシステムとなってきます。最近は会計ソフトに勤怠管理機能が付いてる物も出始めました。更に、クラウドの普及によりデータをクラウドにて一括管理でき、複数人数での各種作業もやりやすくなっています。一方、勤怠管理システムの不正運用を防ぐために生体認証式のタイムレコーダーも普及してくることが予想されています。各種センサーやデバイスの価格も安くなることが予想されていて、生体認証式のタイムレコーダーの価格も安くなってくるでしょう。